18日 2月 2020
※本記事は今晩のランド円展望について書いています。昼間にアップした日毎の展望記事と比べてやや狭い期間に特化した展望記事であることにご注意ください。 ※本記事内容は洋傑の個人的な見解に基づく展望を書いております。あくまで個人的見解であり、明確な先行きを示唆する内容では無い点をご理解の上、ご覧ください。...
18日 2月 2020
   昨晩は洋傑の期待を裏切り、膠着相場が継続しました。まあ、高い確率でそうなるとは思っていたのですが…やはり期待通りには進まないものです。それに伴って円はじり安・ドルはじり高となりました。この辺は昨晩記事のパターン展望と一致しています。南アフリカ債利回りも上昇を崩すことなく、ランド円はじり安展開となりました。...
17日 2月 2020
※本記事は今晩のランド円展望について書いています。昼間にアップした日毎の展望記事と比べてやや狭い期間に特化した展望記事であることにご注意ください。 ※本記事内容は洋傑の個人的な見解に基づく展望を書いております。あくまで個人的見解であり、明確な先行きを示唆する内容では無い点をご理解の上、ご覧ください。...
17日 2月 2020
 今日は週間展望をアップして間がありませんので、諸指標推移の動向報告と、この語の展望について簡潔に書きたいと思います。いつもの日別展望よりボリュームは無くなりますので、あしからずご了承ください。...
16日 2月 2020
 先週は強気相場で始まり、弱気相場でクローズした印象が強いです。初動推移については前週同様に弱気相場…に見せつつ、結局は東京市場に於いて上昇となりました。週半ばは概ね膠着相場となりましたが、基本的には上値優勢で推移していたものの、終盤はじり安展開となり、最終盤には今まで大きな抵抗帯として機能していた23500円~23600円ラインを一時的にとは言え、下抜けた局面も出ています。    とは言え、ここまでは先週・先々週と同様の流れです。次週も今まで同様に上昇相場…となるかは”非常に微妙”であると、洋傑は考えています。理由は様々ありますが、本記事は諸指標推移や南アフリカ債・テクニカルの観点から総合的に今後の推移を考える内容ですので、別の記事にでも書ければ書きます(笑)。  さあ今週も諸指標推移とテクニカルの観点から、次週のランド円の動きを考えてみたいと思います。   ※本記事内容は洋傑の個人的な見解に基づく展望を書いております。あくまで個人的見解であり、明確な先行きを示唆する内容では無い点をご理解の上、ご覧ください。
15日 2月 2020
 今週の木曜日に書いた記事で、久々に検証中指標分析法に基づく見解を書きました。  今まで書かなかった理由の一つとして、分析タイミングを一度見逃すと、その後の推移が非常につかめなくなる分析法であり、洋傑が「見失った」からに他なりません。...
15日 2月 2020
 昨日Twitterでも一部書きましたが、今現在行っている日別展望記事について、少し書きたいと思います。  洋傑はここ暫く日別展望を記事を継続してアップしています。推移観察及び分析内容は以下の通りです。 ①諸指標推移(株価・指数) ②南アフリカ債利回り推移 ③エリオット波動推論 ④フィボナッチによる抵抗ライン...
14日 2月 2020
 今日の諸指標推移は、殆ど動きませんね…。  株価やドル・円、いずれも動きがありません。週末で雇用統計前でもない(最近の雇用統計はむしろ激しく動いている位です)状況下、洋傑の想像以上に動意が薄くなっています。...
14日 2月 2020
 ...
13日 2月 2020
※本記事は今晩のランド円展望について書いています。昼間にアップした日毎の展望記事と比べてやや狭い期間に特化した展望記事であることにご注意ください。 ※本記事内容は洋傑の個人的な見解に基づく展望を書いております。あくまで個人的見解であり、明確な先行きを示唆する内容では無い点をご理解の上、ご覧ください。...

さらに表示する