トレードレポート2019.3.11

 現在23:00です。ランド円は7.74円で推移しています。

 

 今日も洋傑の予想以上に高値で推移しています。株価はともかく、通貨インデックス・債券動向とも流動的(というか膠着状態?)で、ランドは始値で比較すると上下で5銭ずつ振れている格好です。

 

 今は高値で推移していますが、17:00あたりで付けた7.75円をピークにその数値を超えない形で推移しています。個人的予測ではここから反転下落するイメージですが、反転予測はリスクが高いので、確立としては低い、としておきます。

 

 しかしながら、反転の素地は整いつつあります。まず株価、何度か21000円を超えようとする展開があったものの、結局は超える事無く現在まで推移しています。今再び高値を目指していますが、23:30の米国市場開場までに達成できないと下落すると考えています。

 

 その理由としては昼間から低調なダウの存在です。米国市場開場後はこのダウの推移が優先する展開を考えています。今まで高値推移してきただけに、下落となれば一気に下がる可能性もあり得ます。

 

 現在のドル及び円インデックスは流動的ですが、ランド円を構成する3要素(ランド・円・ドル)のうち、今の時間になってランドがやや下る傾向を示しています。ランドインデックスはリアルタイムでの計測が難しいですが、現在ドルがやや下落傾向、円が膠着の中で、ランドはやや下っています。これはインデックスの低下を示唆しているものと考えます。

 

 そうなると、ドルと円の動向が現状より高まれば(米国市場が開場するので、必然的にドルは高まりやすい。ダウの下落とは別に、ドルはやや上昇すると見込んでいます)ランド円は下げに転じる、と考えています。

 

 また、チャネルでの展開でも、7.75円辺りが高値上限に位置します。これを上抜ける展開になる程、現在のランドは強くないと考えらるのも、下落に転じるとする理由の一つです。

 

 まあ、こればっかりは始まってみないとわかりませんが、下がると信じています(切実)。

 

 

 さて、洋傑のトレード状況ですが…

①7.640円で売り建て・10万通貨(保持)

 

 …となっています。

 

 またしても含み損が継続中ですが、暫くは保持する予定です。7.8円までは耐えます。

 

 今日は地合いがあまり参考にならない状況です。今までの動向を察する限り、レンジ取引になっていますので、7.75円売り・7.55円買いで取引するのが良策と考えます。

 

 そういいながら売り増しは行わず…明日へと続く。

 

3月トレード結果

▲82.000円