トレードレポート2019.3.12

 現在22:20です。ランド円は7.77円で推移しています。

 

 今日は前半に上昇して後半戦は下落傾向に転じる展開となっています。ザ・殺人通貨ポンド円程ではありませんが、ランドもポジション数の保持が多い為に、それなりに精神的負担がありますね。

 

 洋傑のテンションはランド円相場とは反比例に推移しております(笑)。

 

 そりゃそうですよ、散々「下がる下がる」といった昨日相場は全く下がることなく、ほぼ一方的な上昇に終始しました。各3指標の推移も非常に流動的で、その場の判断に身を任せるとしっぺ返しを食らうといった有様ですから…。

 

 まあ、実際に追加のポジション建てはしていませんので実害はありませんが、これで買い建てしていたら大事でした(-_-;)

 

 昨日と今日の相場動向は、正直3指標で地合いを掴むには難しい状況だったといえると思います。

 

 しかしながら洋傑、3指標で地合い判断してトレードする手法を進めておりますので、この縛りで何とか流れを読む必要があります。

 

 昨日の失敗をリカバリする意味でも、昨日の動向を把握する必要があると思い、その分析を進めていました。その中で感じたのがドル高・円高に対して金価格が下落していた点でした。

 

 まあ、今までもよくある光景でしたが、今回はこの点が目に留まりました。事実、その後ランド円は相場反転の状況になっています。それは本日も同様ですね。

 

 これは推測ですが、本日のパターンの場合、最初に円やドルが下落して金価格が上昇しました。これはドル・円から金に資金が動いているのが第一段階、その後ドルや円に他通貨から資金が集まってドル・円・金が上昇する第二段階の流れだったのではないでしょうか。

 

 その動きで推移した場合、ランド円は(ランドインデックスが一定と仮定して)上昇→下落をたどる流れとなります。これにインデックスのベンチマークである南アフリカ債券10年が相乗すると、今日のランド円動向に酷似する流れとなります。

 

 専門知識のない素人意見ですが、そういう考え方もできるのではないでしょうか。

 

 さて、今現在のランド円は再び上昇しています。ドルインデックスの低下が主な原因に思えますが、円は順調に上昇しています。おそらく金価格が1300を超えた時分からランド円は再び下落すると踏んでいます。

 

 散々裏切ってくれたランド円相場です。今晩くらいは当たってほしいものです…。

 

 

 さて、洋傑のトレード状況ですが…

①7.640円で売り建て・10万通貨(保持)

 

 …となっています。

 

 またしても含み損が継続中ですが、暫くは保持する予定です。

 

 まだまだランド相場は不穏な空気が払しょくできていません。上昇に転じても不思議はありませんので、今現在のポジション建てはお勧めしません。もうちょっと落ち着いてからの方が良いと思います。

 

 「洋傑はショート戦士」の自覚を深めつつ…明日へと続く。

 

3月トレード結果

▲82.000円