トレードレポート2019.3.6

 現在22:00です。ランド円は7.86円で推移しています。

 

 昨晩のオールリスクオンの雰囲気から一転、オールリスクオフのような地合いになっています。ランド円はよくあることなんであんまり気にしませんが、その他の世界的な地合い変化には、正直驚いてます。

 

 昨晩は経済指標の結果が軒並み良かったからでしょうか、一気にリスクオンに傾いた感は、確かにあります。

 

 でも、今日は一転の内容です。要因はやはりオーストラリアですかね。全く、2月の豪州準備銀行の時の動きといい、世界的な激震は勘弁してほしいものです。ちなみに豪ドル円も一日で60銭程度の下落になっています。

 

 「欧州を中心とした景気減速に…」なんて、ヘッドラインニュースには良く書いていますが、実際のところはどうなんでしょう。欧州経済自体は底を打った感があるのは 僕だけでしょうか(´・ω・`)

 

 

 

 

 本日の洋傑は、特にポジション建てはしていません。7.80-7.83円辺りまで下落したら買い増ししようと思っていたので、現在のところは昨日以上の買い増しはありません。

 

 あんまり近接値で買い増しはしたくありませんしね。

 

 現在のランド円の動きは、地合い云々というよりは0-2チャネルや1-3チャネルで推移している雰囲気が強いです。つまりはテクニカル・オシレータ・エリオット波動等の、洋傑の範疇外で展開していると思います。

 

 実際に地合いや南ア債券の動向とマッチしていません。あまり影響を受けていないということは、相場動向としては膠着しているといえるんでしょうね。

 

 今日のランド円自体も7.85-7.90円の狭いレンジで推移しています。できるだけ早い膠着打破を願いたいですが、今晩中で動きがあるかは非常に微妙です。

 

 また一方で、南ア債券動向から予測されるランドインデックスの動向推移は、中期的な上昇トレンドの中にいます。まだ上昇傾向からの反転シグナルは出ていないと思いますので、今しばらくは買い増しで対応する戦術をとる予定です。

 

 

 

  

 さて、洋傑のトレード状況ですが…

①7.970円で買い建て・20万通貨(保持)

②7.900円で買い建て・10万通貨(保持)

③7.885円で買い建て・10万通貨(保持)

 …となっています。

 

 含み損が継続中ですが、そのマイナス額も増える事無く推移していますので、スワップ貯金と考えて熟成させておきます(笑)。

 

 今週中では上昇すると考えていますが、豪州のおかげでそれも怪しい雰囲気です。

 

 今はランド動向をより確実に把握する手法が無いか、自分なりの検証を重ねています。まだまだ仮説の域をでない程度のものですが、「これは、ひょっとすればひょっとするぞ」という確信に近づきつつあります。

 

 それも含めてなんですが、実際のところ、そういったシグナルがでても、暫くはそれまでの傾向が続くことが多いです。大体シグナルが出て1週間程度で、動きが出始める事が多いように感じます。

 

 まだランドにはその兆候も出ていませんので、1週間は安心して見れると考えています。

 

 仮説が実証性のある域まで行ったら公開しますね。上手くいくことを願って下さると幸いです。

 

 豪州発のリスクオフに苛立ちながら…明日へと続く。

 

3月トレード結果

±0円