トレードレポート2019.3.25

 現在22:40です。ランド円は7.64円で推移しています。

 

 今日は序盤下げからスタートし、7.55円を割る展開まで見せたものの、その後はやや持ち直した上に18:00のドイツIFO景況指数が想像以上に良かった為、一気に7.65まで上昇した後膠着して現在に至ります。

 

 ドイツPMIで下げた分をドイツIFOが取り返す…かといえば、そうではないと思います。

 

 理由としてはドイツPMI発表までに上昇したランド円の幅は、明らかに高い水準でした。実体より高い分、下げらのちの回復も実体範囲で収まる可能性が高く、7.8円までの上昇はないと考えます。

 

 もう一つの理由はムーディーズ格付けまでは少なくとも上昇傾向に切り替わる可能性は低く、恐らくランド円の上限も7.75円が上限であると思うからです。

 

 今週全体としていえる事だと思いますが、原則として余程のポジティブ材料が出てこない限り傾向としては「下げ」です。

 

 では今晩の流れとしてはどうでしょうか。

 

 ここは微妙なところです。株価や債券動向を見る限りは7.65円を大きく超える展開は予測しにくいかと思います。一時はプラ転していたドイツ10年債も再びマイナス入りしていますし、日本・米国とも債券利回りは低下に転じています。日付変更時間帯に下げに変わると見込んで現在トレード中です。

 

 懸念材料は南アフリカ債です。こちらは逆に上昇を示唆していますので、ランドインデックスの上昇の可能性があります。

 

 これらを総合的に判断した場合、恐らくは7.55円~7.65円の間で推移すると考えています。原則は売り建てで臨む姿勢に変更はありません。但し、7.6円以下での売り建てはおすすめしません。

 

 今日は月曜日らしく、膠着で終始しそうですね。

 

 

 さて、洋傑のトレード状況ですが…

①7.720円で売り建て・10万通貨(7.63円決済・+9000円)

②7.775円で売り建て・10万通貨(7.63円決済・+14500円)

 

 …となっています。

 

 ようやくプラス決済が増えましたがまだまだです。今週で何とかプラ転したいですね。

 

 何やらランド円の動きが読めてきたか?と自惚れつつ(どっかでやらかすな…(-_-;))…明日へと続く。

 

3月トレード結果

▲36.500円