トレードレポート2019.3.26

 現在22:50です。ランド円は7.68円で推移しています。

 

 今日は朝から上値重く・下値堅くの膠着で推移しています。一時的な変動はあるものの、概ね7.68円を中心に多少のブレが出ている程度に収まっている状況です。

 

 しかし、昨日金価格が急上昇・債券利回りが急落した点の影響は今日~明日位には出ると踏んでいるので、今晩辺りに下落があるではと洋傑は少し考えていますが、可能性としては半々といったところでしょうか。

 

 事実、18:00辺りに下抜けそうな局面がありました。結果的には上昇して収束してしまいましたが、米国市場の開場とともに動きが再度出る可能性もあります。

 

 現在の地合いは「中立」であると言えます。

 

 まず株価ですが、今日はやや膠着気味の動意ですが、じりじりと高値を試す展開が続いています。比較的動きは安定しており、テクニカルでの反動が無い限りは今晩も膠着~上昇が見込まれます(リスク低下・安定)。

 

 次に通貨インデックス。朝からほぼ一貫して円売りが進んでいます。その他の通貨は上下しており動きがやや不安定ながらもドルを中心に上昇する可能性が高く、今晩はドル高・円安の流れになる可能性が一番高いと思われます(ランド円膠着・リスク低下・不安定)。

 

 先進国債券動向も朝から一貫して上昇しており、リスクは後退しているように感じますが、債券は途中から不穏な動きに変わっており、これは急変もあり得る展開と考えています(リスク低下・不安定)。

 

 南アフリカ債券動向は開場後一貫して上昇傾向です。ランドインデックスは低下傾向であり、クロスランドも一貫して弱い展開です。ドル・円を除いてのランド動向は下落傾向であるといえます(ランド円下落・リスク上昇・安定)。

 

 金価格は欧州市場中盤まで下落傾向でしたが、現在は再び上昇に転じています。動きは不安定と言えます(リスク低下・不安定)。

 

 総合判断としてはランド円はやや下落・動きは不安定という結果となります。

 

①動向予測範囲

→7.55円-7.75円

②基準点

→7.63円

③ランド円終値

→7.59円-7.67円 

…と設定します。

 

 原則として”下がる可能性がやや高いが、その範囲は限定的”というのが簡潔な予測です。上昇を心配される方もいらっしゃると思いますが、7.75円を超える展開は可能性として低いと思いますので、洋傑予測としては買い建てをおすすめしていません。

 

 さて、動きは下落基調として、その下げはどこまで行くかですが、洋傑は7.45円ー7.50円辺りまで下がると考えています。その理由としては、①原則として下落基調 ②債券・金価格先行で相場推移するなら下げが来るという推測 ③格付け前の不安での下げがあるという推測 の3点から結論つけています。

 

 ですが、それ以上の下落もまたないと予測しています。再び上昇に転じて7.70円前後まで再び戻る展開を予測していますが、これは先の先話になるので、憶測の領域を超えない内容だと考えます。

 

 ともあれ、今晩の動きは火曜日らしい限定的な推移に終始しそうな気がしますね。

 

★今晩の洋傑流トレード戦術

①基本売り建て◎ 買い建て✖

②売り建てするなら7.63円以上をお勧め

③動きは限定的になる可能性が最も高いので、朝には決済したい方はトレード非推奨。

 

 さて、洋傑のトレード状況ですが…

①7.650円で売り建て・10万通貨(保持)

②7.700円で売り建て・20万通貨(保持)

 

 …となっています。

 

 昨晩に試し売りしていた7.63円の売りは一旦下がった時にゼロ決済して終わっていますので、現在の保持ポジションは以上の2点のみです。

 

 この2点に加え、7.60円で10万通貨売り予約を入れています。上述の7.5円まで下がったらすべてのポジションを決済して、5万通貨程で買い建てするつもりで準備しています。

 

 現在は主だった指標が無く推移している状況なので、おそらく大きな下げも上げもない状況が続くのではないかと思ってトレードするように心がけていますね。

 

 今は確実に利益を回収しようと心に決めつつ…明日へと続く。

 

3月トレード結果

▲36.500円