仕事に役立つFx

 今日はタイトル通り、稼業としてのFxではなく、仕事に役立ったエピソードを話したいと思います。

 

 洋傑、小売業に携わっているのですが、最近は輸入商品なども取り扱う事が増えてきました。

 

 もともと、Fxを始めようとしたきっかけが仕事からだったのですが、輸入品などを取り扱う際に関税やら為替やらの話をする時に、商社の話を聞いてて「これ、全部ホントかな?」と思ったんです。

 

 だって、普通に国内で生きていたら分からない世界ですからね。

 

 で、そういった経緯でFxを始めたのですが、商社情報が「生ではない」印象を受けました。

 

 商社の方がウソを言っているわけではないんでしょうが、情報がやや古かったり、これからの状況を見通せていないような言動も感じました。(見ている方で輸入に携わっている商社の方がいたらごめんなさい)

 

 Fxをすると世界情勢が非常に鮮明にわかります。腕のいい方なら、これから先の為替状況も予測できて輸入において大きなアドバンテージになることは間違いありません。

 

 小売業も商品を仕入れて販売する、といった形態から変容しつつあります。

 

 なんかFxから少し離れた話になりますが…少しお付き合いください。

 

 今までの小売業は製造メーカーから問屋を介して商品を仕入れ、販売していました。一時は問屋を排して原価を下げる方式も採られましたが、諸事情あって元の形に戻っている部分もあります(全部ではありません)。

 

 ただ、人件費や諸経費の増によって、従来の小売業では「生き残れない」状況が生まれています。

 

 なので、これからの小売業は自分たちでノウハウを身に着けて海外商品を直接仕入れ、販売する事が求められます。

 

 何故海外か?それは関税+為替という壁にさえぎられている分、商品価値=価格が崩れていない為、今後価格的には下がってもメリットが出せるチャンスがあるからです。

 

 洋傑は本業も楽しいです。それに生かせるFxにも、非常に感謝しています。

 

 これからもランド円中心にはなりますが、皆さんにとって有用な情報発信ができるよう頑張ります。(*'▽')