トレード特性を検証する

 先日ご質問頂いた内容にお答えしたいと思います。

 

 ご質問の内容は「洋傑が、これまでどのように勉強してきたか」でした。

 

 以前の記事でも一部記載している内容ですが、洋傑は多分皆さんが通ってきた道と同じパターンですね。最初に移動平均や一目均衡表、RSIなんかを使用しました。

 

 その次がエリオット波動です。これは上述のテクニカル・オシレータ系より長い期間活用したと思います。

 

 そして現在、株価・指数・債券・リスクを総合的に分析した「地合い」を基にトレード予測をするに行き着いています。

 

 洋傑、何でも深読み・熱中すぎる癖があります。その手法を徹底して使用する為に、よく失敗しました。

 

 テクニカルやオシレータはその特性を十分理解して使用すれば、結果的には最も勝率の上がる手法なんでしょう。だからこそ、利用者が多いんだと思います。

 

 何事もバランスが重要であることは当然ですが、人間なんで、ついつい単一の手法に傾ぎがちになります。というか、複数の手法を総合的に捉えて判断する事の方が、人間として困難なのかも知れません。

 

 今の手法に行き着いてしっくりきているのも、テクニカル・オシレータ→エリオット波動と熱中して「かじった」からではないかと、今は考えています。

 

 今一度、各手法のメリット・デメリットを記載したいと思います。

 

※以下は洋傑の個人的な解釈です。

①テクニカル・オシレータ

 「チャートの流れ」を掴むうえで非常に有用です。あんまり難しくFxを行いたくない方は、これを「深く考えず」使用すると勝率が高まると思います。ラインからはみ出して動いている場合の損切をバランスよく行えば、トータルではプラスになるケースが多いと感じます。

(メリット)上昇・下降ラインを引いて、その上限と下限でトレードを繰り返せば、大方の相場では勝利できる。

(デメリット)ラインをはみ出す局面(トレンド転換or相場の急変)には当面対応できない。損失拡大の可能性。

→把握する対象が相場ではなく「チャート」

 

②エリオット波動

 こちらもテクニカル・オシレータと同様「チャートの流れ」を掴むうえで非常に有用です。また、それらより深く学ばなければならない点はありますが、群集心理・相対論を応用した手法ですので、相場動向にも則した側面があります。壮大に広く捉えれば、超長期的動向もこの理論で収まってしまうといえます。

(メリット)相場急変も含めた為替動向を理論的に把握できる。波形の特性を知ると流れが読みやすく、利確・損切ポイントを決めやすい。

(デメリット)理論の把握が難しい(読み間違える可能性大)・短期的(1分・5分)チャートでは把握が困難。何よりランド円は独特の推移をするパターンが多く外しやすい。

→把握する対象は相場をある程度織り込んだ「チャート」

 

③指標総合判断(地合い)トレード(造語です)

 ずーっと洋傑が話しているので説明は不要ですね。複数の指標で総合的に判断してトレードする手法です。結論から言えば「勝ちにくく・負けにくい」方法であると思います。情報として使い、これを活用することでトレードの勝率が上がると考えます。

(メリット)大きな外しは発生しにくい。チャートの不規則な流れに巻き込まれにくく、含み損に陥りにくい。(負けにくい)

(デメリット)利確ポイントが掴み難い・経済指標などの急変には事前対応しにくい・情報把握+判断が個人により見解が異なりやすく、混乱しやすい(要は勝ちにくい)

→把握する対象がチャート軽視の「地合い」

 

④経済指標・定時限定トレード(造語です)

 一定の時間だけ効果がある手法ですね。各市場が開く直前までや「仲値買い」、指標発表前の売買などがこれにあたります。

→把握する対象が事前情報のみ。チャートも地合いも無視した機械的手法

 

 話が逸れましたが、上述の手法は一通り「かじって」きました。

 

 以前にも書いた通り、行き着いたトレードスタイルを「最初から選択したらよかった」では、全くありません。今までの経緯を含め、行き着いた手法にこそ、意味があるのだと信じています。

 

 洋傑は指標を中心に情報配信していますが、エリオット波動やテクニカル等は迷ったときに判断材料として使います。今までそれを真剣に勉強したからこそ、それも生かせると思います。

 

 とりあえず、僕は地合いを「ある程度の主観に基づいて」配信しますので、是非ご指針のトレードスタイルと合わせて、独自の見解を導き出していただければと思います。