今日の一言(2019.2.27)

 現在19:00です。ランド円は7.96円で推移しています。

 

 トレードレポートとは別に、欧州市場を視野に入れた予測を主軸に、ブログ記事をアップします。

 

 夕方に報道されたネガティブニュース(トランプ関連より印パ紛争の方がメインである可能性大)により、それまでの相場動向が大きく変わりつつあります。

 

 当初は下げも早い段階で収まった点、株価・債券・指数ともにさほどの混乱が見られなかったので大丈夫だと思いましたが、やや雲行きが怪しくなりつつあります。

 

 まず株価。下げ止まりから再び下落の気配があります。それに指数(インデックス)。低下していた円が止まった点とスイスフランの上昇が止まらない点、最後に債券。それまで高値維持をしていたドイツ債を含め、主要債券利回りが下落傾向な点を考えると、夜間(米国市場)に下振れするリスクが高まっています。

 

 また、頼みの綱である南アフリカ10年債もやや上昇気味で不穏です。ランド円は現在やや回復しておりますが、今晩はリスク上昇と共に下げる可能性が高まっています。

 

 現段階では上昇・下落確率は半々です。

 

 現在ノーポジションの方はそのままをお勧めします。リスクが高いです。

 

 もう少し静観するのが良いと判断します。

 

 ただ、市場の地合いはまだ買い優勢だと思いますので、一定状況を見計らって買いをたてようかと思っています。

 

 米国市場開場まで、開場後も…いや、明日まで心配は尽きない感じですかね…(*'ω'*)