今日の一言(2019.3.11)

 現在14:30です。ランド円は7.69円で推移しています。

 

 今日は朝から微上昇・微下落・微上昇を繰り返しています。動向の詳細としては東京市場開場前に上昇のちに下落、東京市場開場後は序盤は下落、中国市場が開場後は一転、上昇傾向で現在に至っています。

 

 株価は13時をピークに、やや下落傾向といえますかね。やはり日経先物21,000円を超えるのは難しいようです。

 

 上値試しが一服してしまうと、今後は再び下落する可能性もあり得ます。

 

  

 今日これまでの推移でのポジティブ・ネガティブ要素ですが、まずポジティブ要素としては先週末に売りが一旦落ち着いたことによって、東京市場は買いも入りほぼ始値数値まで回復している点、ネガティブ要素としてはダウ先物が各株価回復の中、尚も下落している点が挙げられます。

 

 ニュース面でもポジティブ・ネガティブ両面があるので、動きが出ずらいかもしれません。そうなった場合、欧州市場もランド円は8.65ー8.75円の狭いレンジで推移する可能性もあります。

 

 こうなってくると、何かのきっかけが為替動向を決める展開もあり得ます。その意味で16時からの独貿易収支が欧州市場の動向を決めることになるかも知れません。

 

 さあ、欧州市場に向かいます!(/*'▽')/