今日の一言(2019.3.12)

 現在17:50です。ランド円は7.80円で推移しています。

 

 朝からランド円は7.8円まで順調に推移したものの、その後は膠着→下落→上昇となっています。普通に見れば上昇後一旦の調整に入って上昇した、といった格好でしょうか。

 

 しかし、昨日の状況と逆の現象が発生しました。具体的にはドル安と円安、株価が上昇して金価格が急上昇した点です。昨日はドル高・円高・株安で金価格が下落しました。つまり全く逆の現象となります。

 

 今までも金価格は指標の一つとして記載してきましたが、ここにきてランド円の趨勢を見極めるツールとしての重要性が上がっています。南アフリカ債券の中期と短期がクロスすると相場変更、といった感覚で、株価+通貨とクロスすると生じるケースとして使えるかもしれません。

 

 とはいえ、どうなるかはまだはっきりしません。まだ上昇の可能性も半々であります。

 

 株価は下落、円・ドルは膠着、金は下落後上昇、南ア債券は軒並み下落と、指標はバラバラになっています。こんな時は往々にして相場の潮目になることが多いです。つまり、この動向の決定は以後の相場感になる可能性があります。

 

 米国市場開場前に一勝負ですね。

 

 追記:ランド円が上抜けました。7.85円ー7.90円辺りまでは上昇する展開になる可能性が高いですね…。

    洋傑はショート一本で暫く臨むつもりですので、7.85円で売り増し予定です。