今日の欧州市場予測について

 現在14:30分です。東京市場ももうすぐ閉場ですね。

 

 朝からランド円は上昇の一途です。理由としては①ドル安・円高②株価の高値維持③債券市場に於いて先進国債券が売り優勢(特に日本債はプラス転換)があると思います。

 

 15時からの地合い・ランド円予測はまだ行っておりませんので、ここに記載する内容と結果が異なるかもしれませんが、今後の動向予測を記載しておきたいと思います。

 

 

 

 

 夕方からの欧州市場に於いては、重要指標として①スペイン失業変化(17:00)②英建設業購買部協会景気指数(18:30)③南アフリカ企業マインド(18:30)辺りでしょうか。

 

 いずれも重要指標ではあると思いますが、現在の地合いを加味すれば、影響は限定的になる可能性が高いと思います。

 

 欧州市場におけるランド円のポイントは、開場後のランド買いがどれだけ進むか、です。

 

 序盤は間違いなく買い優勢で推移すると思いますが、その買いが続かないと、結局は元値に戻る展開が多いのが月曜日です。目安を個人的には7.95円と考えています。

 

 繰り返しになりますが、現在の地合いは株高・ドル+円安・リスクオン・ランド高という、ランドから言えばこれ以上ない好条件です。この状況下で伸長が中途半端だと、明日以降の展開に暗雲が立ち込めることとなります。

 

 まだ分析が終わっていませんが、もし伸びるだけ伸びると、米国時間までに8.0ー8.1円位伸びてもおかしくない地合いです。ここは期待して臨みたいところですね。

 

 さあ、どうなるでしょうか(';')いずれにしても買い姿勢で良いと思います。

 

 欧州市場、もうすぐです!(*'ω'*)ノシ アガレー